ZZRライフ

チェイサー乗りのブログ。

ついにこの日が



いきなりですが本題に入ります








ZZR1100

手放しました








約4年間
4.5万km
乗りました






長いようで短かったZZR1100のある生活に終止符を打ちます.





1485689841028.jpg






コイツにはいい思い出しかありません.






かなりザックリした記事ですが,最近忙しいのでここまで・・・





P.S.春にはNWEマシンをGETする予定です.

スポンサーサイト

PageTop

クーラント交換







ツーリングや旅行や遊びの予定が一段落したので、やっとやることができました。






クーラント交換






2014年6月にクーラント&ファンスイッチ交換をして以来一度も交換をしていなかったし、先月クーラントお漏らし事件を起こして水道水を入れただけの応急処置だったのを思い出して交換を決行しました。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~






ZZR1100のクーラント交換方法なんてググれば沢山見つかると思いますが、記録として一応やり方を残しておきます。
DSC_6499.jpg






~~~~~~~~~~~~~~






【必要なもの】





ホームセンターで600円/2Lの既に薄めてあるクーラントをGET
DSC_6502.jpg






ライコランドでPLOT COOL TECH TYPE Sのラジエーターキャップを2000円でGET
DSC_6500.jpg






~~~~~~~~~~~~~~~~






【交換方法】






左のサイドカウルを外す。
写真の矢印の8本のボルトを外すだけです。
DSC_65033.jpg






久しぶりにワイバンのエキパイとご対面。
意外と綺麗だな~
DSC_6505.jpg






早速クーラントを排出していきます。
DSC_6514.jpg






車体の左側を下から覗き込むとこのボルトを見つけることが出来るので、
下にバケツを用意して外します。
DSC_65111.jpg






チョロチョロ~っと出ます。
DSC_6516.jpg







右のインナーパネルのこのフタを外し、ラジエーターキャップを外します。
DSC_6509.jpg






キャップは押し込みながら回すと外しやすいです。
DSC_6521.jpg






左が古いキャップで右が新しいキャップ。
DSC_6524.jpg






スプリングの強さや引っ掛かりなどもほとんど変化が無く、変えなくても良かったかもしれません(笑
DSC_6525.jpg






ラジエーターキャップを外すとブシャー!と勢いよくクーラントが出てきます。
DSC_6517.jpg







次にリヤカウルを外します。
DSC_65044.jpg






リザーブタンクに残ってるクーラントを排出させるためです。
リザーブタンクの残量がLOWまで減ってます。
DSC_65088.jpg






タンク本体はボルト2本で固定されてるいので外し、残りのクーラントを全部出しちゃいます。
DSC_65199.jpg







う~ん、完全に青汁。
DSC_6518.jpg






次は買ってきたクーラントを蓋ギリギリのところまで入れます。
そしたら矢印のボルトを緩ませてエア抜きをします。
エア抜きといってもブレーキフルードのエア抜きみたいに面倒なことは無いです。
ボルトを緩ませてプシューという音がするので、その音がしなくなりクーラントが出てきたら締めるだけ!
DSC_65122.jpg






もちろんリザーブタンクの方にもクーラントを入れますよ。
FULLまでクーラントを入れます。
DSC_65233.jpg






あ、クーラントは2リットルしか買ってなくて足りませんでした・・・
調べてみたらZZR1100のクーラント容量は2500ccなんですね(笑
たまたま物置にカワサキの原液のクーラントがあったので事なきを得た(-。-)






クーラントを入れ終わった後は最後のエア抜きをするたに、ファンが回るまで街中をユ~ックリ走ります。サーモスタット部分のブリーダを少し緩めるとクーラントが飛び出てくるので、締めてサーモスタット部分のエア抜きは完了です。






サーモスタット部分のブリーダボルトはラジエーターキャップ後方にあります。
DSC_65277.jpg






ついでにホイール磨きとチェーン清掃&注油をして終了!
DSC_6526.jpg





PageTop

久しぶりにZZR1100





最近、原付二種ネタばっかでZZR1100の記事はスッカリ減ってしまいました。




あまりZZR1100に乗らなくなったし、




原付二種の楽しさを知ってしまった自分は決断しました。




お金のかかるZZR1100は、、、




売ることにします








嘘です。




~~~~~~~~~~~~



今日は久しぶりにZZR1100のメンテナンスをしてやりました。


・キャリパー清掃&揉み出し
・オイル交換
・チェーン清掃&注油
・洗車




取り付けてから3000kmほど走行したブレンボちゃん。
DSC_3438.jpg




なんか湿り気があるような・・・(ι´・ω・`;)...ンー
フルード漏れ?気のせいか
DSC_3439.jpg



大好きなゴールデンパッド
3000kmじゃ全然減ってないですね。
DSC_3441.jpg



パッドピンは無残な姿にorz
DSC_3442.jpg



2000番の耐水ペーパーホワイトダイヤモンドで磨きました。
DSC_3447.jpg




中性洗剤とお湯と歯ブラシを使って洗います。
DSC_3444.jpg



結構綺麗になりました。
DSC_3445.jpg



きゃりーぱみゅぱみゅピストン揉み揉み
キャリパーピストン揉み出しをやって取り付けます。
DSC_3446.jpg



サイドカウルの曇りが気になる。
やっぱり【純正色】【車用のカラースプレー】じゃ色が全然違うなぁ・・・
DSC_3448.jpg



1か月くらいまえにチェーン・スプロケ交換したので、
今回のメンテと合わせてZZR1100は至って快調!



3月からのツーリングが楽しみです。

PageTop

ユーザー車検



ZZR1100を購入してからもうすぐで2年が経ちます。はや~。
2年ということは・・・



車検!



ユーザー車検経験者の友達から注意点を聞いたり
ネットで調べたりしながらユーザー車検にチャレンジしました。



まず自分で車検に通るために変更した点は

・フェンダーレスの角度を変更
・マフラーの音を小さくする
・HIDからハロゲンに戻す



以上をふまえたうえで春日部自動車検査登録事務所へ!
DSC_3236.jpg



時間はいくつか選べるので、一番早い時間の9時からにしました。
光軸でひっかかることが多いということなので、検査場の目の前のテスター屋で調整してもらいました。



書類や証紙を購入したり提出する場所は看板があるので
「どこに行けばわからない」という心配はなかったです。
DSC3235.jpg



必要書類を購入&記入
自賠責更新


を終えて本日のメインイベント・・・。
検査場に出陣。
DSC3237.jpg


と思ったけど時間まで暇だなぁ~
DSC3238.jpg



乗用車やトラックは検査15分前には行列が出来てたけど
バイクは自分一人だけ
DSC_3246.jpg




もっとデッカイ工場みたいな感じだと思ってたけど
思ったより狭いところなんだなぁ(-0-)
DSC_3245.jpg



で、時間になってから検査開始。

検査員に
「ユーザー車検は初めてなんですけどぉ(´□`。)」
と伝えると親切に教えてくれます。

・目視検査
・音量測定
・灯火類チェック
・メーター誤差
・ブレーキ
・光軸



これらを検査するのには10分くらいで終わってしまいました。
結果:合格



なんか拍子抜けするくらい簡単でした(^^)
これから2年間コイツと過ごせます。
DSC3247.jpg



ユーザー車検費用
----------------


検査登録印紙代
\400

審査証紙代
\1,300

重量税印紙代
\5,000

収入証紙代
\20

テスター屋
\2,620

自賠責24ヶ月
\13,640

--------------
計 \22,980



お店で車検にだす費用の半分くらいでできますね!
時間さえあれば誰でもユーザー車検はできると思います。




任意保険もそろそろ更新しないとなー(><)

PageTop

カウル傷 修理 




そうそう、だいぶ前だけどZZR1100がこんな姿になっちゃいました。


DSC_1889.jpg



バイク仲間はみんな知ってるけどブログでは書いてなかったな。
理由は書きませんが、転倒ではないです。



転倒ではないです。


転倒ではないです。


大事なことなので3回言いました。ここまで傷がついたら普通は新しいカウルを買うんでしょうけど、そんな金ありません。
てかこの純正カラーのカウルが廃盤なので買いたくても買えません・・・。



だから今回は

「消せるところまでコンパウンドで傷を消し、それでも消えない傷はカラースプレーで隠そう作戦」

で決行しようと思います。



~~~~~~~~~~~~




【コンパウンド編】
まずはコンパウンドで傷を消した結果がこれ。
DSC_1892.jpg



うーん、少しましになったかな|||||(´ω`;)||||| 



【カラースプレー編】
適当にマスキングをします。
DSC_1923.jpg



このZZR1100の純正カラーの名前は
「ルミナスウィンザーグリーン」
というもの。


このカラーのスプレーは廃盤になってしまいどこにも売ってないので、仕方なく車用の奴を使いました。



フェンダーを塗ったときに使用したカラースプレーはニッサンで使われてるグリーン。
少し緑が薄いかなと思ったので、トヨタの緑が強めのカラーを選んでみました。
DSC_1922.jpg



プシュー(・ω・)








・・・





ぬぉ!やらかした!!!(; ̄Д ̄)




DSC_1926.jpg


どうやら緑が強すぎて気持ちの悪いツートンカラーになったようです。





【シンナー編】
塗装を剥がすためにシンナーを使います。
ウェスで拭き取ってみましょう。


フキフキ(・ω・)









・・・





ぬぉ!やらかした!!!(; ̄Д ̄)



DSC_1931.jpg



どうやら強く拭きすぎて塗装が剥げてしまったようです。


結局、前回も使用したニッサンのダークグリーンマイカを使い、ぼかし剤をうまく活用しながらここまでたどり着きました。。。




DSC_2667.jpg



上の画像はカラーを吹き付けただけなので曇りがかっていますが、そのうち#1000や#2000の耐水ペーパーコンパウンドを使ってピカピカにしていきたいと思います。


PageTop