ZZRライフ

チェイサー乗りのブログ。

なんてこった




警察主催の走行会
に、直々に招待された(ノ ̄□ ̄)ノオオオォォォォ


やっぱ自分くらいの走りをしてると、そろそろ
お呼びがかかる日も近いんじゃなイカ?と思ってたが・・・


ホントに招待された(^^)マジカッ







(w_-; ウゥ・・







冗談ハ、ココマデニシテ・・・。



違反者講習

の通知が届いただけですわ。



今までスピード違犯一時不停止をやってて、
この前またスピード違反で捕まった訳です。



夜中の湾岸線最高速トライアルをやっていたらを流していたら
覆面にパトカーにとっ捕まえられてしまいまして。。。



23km/hオーバー
2点減点
1万2千円の反則金



合計点数が6点に達したために違反者
という立場になったわけです。
あの時もし25km/hオーバーで3点以上だったら免停でした。


まあぁ、捕まった瞬間免停を覚悟しましたw


あの日のお巡りさんは神がかり的にやさしく、

「今回はカナリ多めにオマケしてあげるから☆(・ω<)」

というお告げを受けました。





免停ではなく、違反者になるらしい。
理由は以下、ウィキペディアより。


講習の対象者

違反者講習は、免許停止の行政処分対象となった者のうち
免許の累積点数が6点になっている
累積の内容が基礎点数3点以下の軽微な違反行為である
過去3年間の間に、違反者講習や点数制度による免許の行政処分を受けたことがない

などの一定の条件を満たす者が受ける義務がある講習である。

簡単に言えば、6点は30日間の免許の停止の基準ではあるが、「一発6点以外のジャスト累積6点の人で3年以内に処分やこの講習を受けたことがない人は、この講習を受けることによって停止の対象とはせず、その6点分を受講後に累積しないようにする。」ということである。

受講は任意であるが、受講により
免許の累積点数6点分が点数計算から除外される(つまり免許の停止をされない)
免許の停止前歴とならない

などといった非常に有利な内容となっているため、この講習に該当することとなった場合はほぼ全員が受講を希望すると思われる。

しかし、受講しなかった場合については行政処分の短縮講習が受けることが出来ない事となる。





簡単にまとめると



違反者講習を受ければ免停にならない。

前歴回数は0回のまま。



講習内容は車を運転したり座学を受けたりするらしいです。


とりあえず、来週講習会を
受けに行って参ります。。。

バイク(全般) ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTop