ZZRライフ

チェイサー乗りのブログ。




ホンダ WAVE125S


買っちった!

DSC_2896.jpg



カブ90
というわけでコイツとおさらばです。。。
約2年半、2万kmくらい乗ったかな。
DSC_0303.jpg



詳しくはまた今度書きます!

スポンサーサイト

PageTop

10,000km&報告



タイトルに書いてある10,000kmとは・・・。



ミシュラン パイロットロード2


を入れてからの走行距離です。



スリップサインはもうそろそろ出てきそうですね。
編摩耗してきてセルフステアがかなり強くなってきて、
コーナリング中は変な力が入ってしまいます。
DSC_2846.jpg



リヤタイヤはパンクしているのでBT-023がついてるけど、次は前後同時交換しよう(^^)



~~~~~~~~



そして、タイトルに書いてある報告とは・・・。



レビン売却&Newマシン契約


レビン売っちゃいました。
ドライブ行ったり峠行ったり楽しかったけど、
あんま乗らなくなってしまったから売却してしまいました(><)


ドライブでたたき出した最高燃費は16.2km/L
街乗りでも12km/Lとか走るんでエコカーですね、4A-Gは(笑
DSC_0221.jpg



さてさて、Newマシンはホンダです。
詳しくは次回の記事で書きます!納車が待ち遠しい!

PageTop

ブレーキ強化



ZZR1100に乗り始めて早1年半以上がたちます。
早いもんですねぇ(*´-`*)
そんなZZRに最近気になってきたことが2つありまして・・・



【1つ目】
ブレーキレバーを握りこんでいくとグッグッグっと引っかかる
感じでスムーズにレバーを握り込む事ができない。


ブレーキの効き方もレバーの動きに合った感じで握り込みに対してグーっと効いていく感じではなく、グッグッグと段階的に強くなっていきブレーキの効きが「弱い」からレバーを少し強く握ると「グッと一気に効きが強くなる」感じです。



【2つ目】
キャリパーピストンの揉み出しを行う際にピストンが1つ全然動かない。

ZZR1100はTOKICOの4POTキャリパーが装着されてます。キャリパーのピストン揉み出しはこまめにやってるんですが、4つのピストンのうち1つのピストンが全くと言っていいほど動かない状態でした。



そんなわけでマスター&キャリパーのOHをしようと思いました。







しかし気が付いたら社外製のパーツを買っていました!

DSC_2681.jpg






何を買ったか冷静になって箱を開けて確かめてみましょう(.;.;゚Д゚)







brembo 4POTキャスティングキャリパー
DSC_2686.jpg



NISIN タンク別体式マスターシリンダー
DSC_2685.jpg



ACTIVE キャリパーサポート
DSC_2684.jpg




EARL'S バンジョーボルト
DSC_2687.jpg




SWAGE-LINE 銅ワッシャー
DSC_2689.jpg



POSH ミラーホールカバーキャップ
DSC_2693.jpg



ホース
DSC_2688.jpg



オーバーホールをするためにオイルシールダストシールを買おうと思っていたら冷静さを失い、気が付いたら社外製のパーツを購入していました。



~~~~~~~~~~~



【装着編】



赤矢印のミラーホールカバーキャップを用いてミラーホルダーとタンクステーを固定します。
DSC_2694.jpg



フルードを抜いて純正マスターシリンダーを外します。
DSC_2695.jpg



マスター側のバンジョーボルトは再利用しますが、ワッシャーは新品に交換です。
DSC_2696.jpg



新しいマスターを取り付けます。
ブレーキセンサーの端子はそのまま刺すだけで大丈夫です。
DSC_2697.jpg



純正キャリパーを取り外します。
DSC_2701.jpg




画像を見ればわかりますが、純正キャリパーとブレンボキャリパーは【バンジョーボルト】【ブリーダーボルト】の位置が上下逆なので、きちんと取り替えます。(画像は取り替え前ですよ)
DSC_2703.jpg



※純正キャリパーのバンジョーボルトのピッチは1.25ですが、ブレンボのピッチは1.00なので交換が必要です。もちろんワッシャーも。

※バンジョーボルトはブレーキホースに合ったメーカーを使わないと寸法が合わないらしくてフルードが漏れてくるそうです。



キャリパーを車体に取り付けます。
DSC_2705.jpg



DOT4のブレーキフルードを使います。
DSC_2698.jpg



タンクの回りにタオルを巻いてフルード注入。
DSC_2700.jpg



ブリーダーボルトにメガネレンチとホースを差し込んでエア抜き開始!
DSC_2704.jpg



【エア抜き】
1.ブレーキレバーを2、3回握ります。
2.そしてグッと握り込んだ状態のままで、ブリーダーボルトを少し緩めます。
3.フルードが出たのを確認したら、ブリーダーボルトを締めます。締めるまでブレーキレバーを離さない。
4.ブリーダーボルトを締めたら、ブレーキレバーを離します。



で、エア抜きが終わったらキャリパー周辺に水をぶっかけましょう。
フルードが飛び散ってると塗装が剥げるそうなので。



このようにしてブレーキをかけた状態でタイラップなどで一晩固定してるとタッチがよくなるとかネットで書いてあったので、取りあえず真似してみました。
DSC_2711.jpg



(^^)
DSC_2706.jpg



おわり



~~~~~~~


後日軽く乗ってみたけど、
・タッチはかなり良くなった。
・コントロールが随分しやすくなった。
・制動力は思ったより上がらなかったけど、パッドの当たりが出てないのか?
ブレンボ純正パッドは制動力が低いのか?
まぁ、これでブレーキに対する不満は解消しました!



後で気が付いたけど、ブレーキとクラッチのレバーの色違うじゃん!

PageTop